既卒コミュ障真面目系クズが就職活動をするとこうなる

既卒四年目実務経験なしアスペルガー診断済の文系が就職するまでを予定

現在私のメンタルがぐらついている理由

全部愚痴なんで文字を小さくします。

 

 

 今私のメンタルがぐらついておりまして。
 夜に自分の首を絞めるのがちょっと復活したり、線路を見つめながら無意識に一歩前に踏み出して我に帰ったりするようになりました。

 なんでそんなことになってるかっていうと、親へのストレスと、就労移行支援施設にいる他の利用者へのストレス、そしてそういった人たちに他責の気持ちを抱く自分への自責です。

 

 


・親
 マルチにハマり、お金をつぎ込み、中心人物を信奉しています。私の障害のことも話されてしまいました。消費者センターに行かせてもダメでした。
「まともじゃない」と説得するのは諦め、私の精神状態に関わってきて就労も危うくなるのでやめてほしいと何度もいったんですが何も聞いてくれないしもはやそのせいで一部電子機器の音がストレスになり頭がイカレる寸前の私のベッドのすぐそばで毎晩毎晩キーボードをカタカタならし、ビデオを見て大笑いしています。
 夏には大金入るんだって。その前に縁を切りたいな。

 

・他の利用者
 私も他人を傷つけてたり苛立たせてたり迷惑をかけているんだろうということを前提として。
 過度の自己卑下、多すぎる・大きすぎる独り言、癇癪、ワガママ、頑固すぎるマイルール、主体性がなく無意識に他人に頼り切る姿勢、デリカシーのなさ、幼稚さ。
 私情により私が他人の自己卑下を含む悪口の独り言が鳥肌が立ってその場から逃げ出したくなるほどすごくすごく苦手なこともあり、施設の人に「耐えられない、なんとかしてほしい」と何度も訴えたのですが、例えば私が注意されたらすぐ直すことができることが、その人にとっては数週間、数か月、数年、もしかしたら一生かからないと治らないかもしれないこと、またその逆もあり得る事。人によって指摘される段階というものがあるので、まだそこまで指摘することができないこと(例えば服装のについて指摘→それが治ってきてから挨拶について注意、という風に段階を踏む)を言われました。
 まあつまり直らなかったんですよ。
 努力してるんだろうなという人もいたんですけど(私にとっては)根本的解決にならなかったんですよ。
 そういう人たちが頑固に意見を曲げな\いから話が全然進まないんで、結局そのあたりの障害がまだ軽い人たちが譲るしかなくなるんですよ。
 障害によってそうなってるのは頭では理解できるけれども、といってずーーーーっとその人たちに付き合うなんて私には無理。
 それで障害なんだからしょうがないと苛立ちを抑え込む理性の私と、暴力思考排除思考差別思考見下し思考の私、そしてそういう思考を持つ私はなんて酷い奴なんだと自分を責めたてる私。
 疲れ果てて、堪忍袋の緒が擦り切れました。

 おかしいな。通い初めて数か月は毎日楽しかったはずなんですけどね。
 毎日毎日他人に対して勝手に苛立って、私は傲慢で、自分勝手で自己中心的で、自分が思うとおりじゃないと嫌な子供っぽい奴なんだと、今までの人生で見えてこなかった自分の嫌な面がどんどんでてきて、嫌になりました。

 施設の人に「就職が決まってしばらく期間があるので、早めにここを出たい。もう彼らと同じ空間にいられない。耐えられない」と伝えると、「どうして?というのが今聞いて思った正直な気持ち。××さん今まで頑張ってたのに」といわれました。

 

 あーーーーーーーー。
 あのさーーーーーーーーーー。
 今まで頑張って頑張って頑張ったけどもう無理になったからいってんのーーーーー。もうちょっとだから耐えろって?それが無理だからいってんのーーーーーーー。
 現実問題それまで施設には余裕持って着くようにしてたのに「施設行きたくない・・・」って考えて腰が重くなって歩くのも遅くなって遅刻しかけたり電車待ってるときに「このまま○○○○(自殺の名所)行こうかな・・・・・」ってなるほどにはわりかし深刻なのーーーーーもーーやめてーーーー我慢できる人間に我慢させないでーーーーーー。

 

 ただいいたいのはですね。といって私はやっぱりここの就労移行支援事業所にいってなかったら内定もらえなかったと思うので、通ったことに後悔はしてないし、施設の人のことは今でも信頼してるということですね。
 私のブレーカーみたいに重いやる気スイッチがさっきの一言で完全にOFFになったけどね。
 それとさっきの書き方だと利用者の人があんまり関わりたくない人ばっかりというように見えますが、そうではなくって、例えばコミュニケーション力抜群でグループワークのときのフォローとかが抜群にうまい人とか、障害があることはわかるんだけれどそれが良い方向に転がっててみんなから好かれてる人とか、私が「すごいな」「友達になりたいな」「憧れるなあ、私もこうなりたいな」という人も何人もいたということです。
 更についでに言うと、そんなすごい人じゃなくとも、障害を持っているというのはよくわかるんだけど「よく頑張ってるんだなー応援したいなー」という気持ちになるような人も何人もいました。上から目線ですみません。

 

 さて上記の二つがかけ合わさるとこうなります。
 家でもイライラ、家以外の居場所でもイライラ。
 すごい。安心できる居場所がどこにもないですね。
 親がこんな状態なので一人暮らしをして縁を切りたいというのは施設にも企業にも伝えてるんですけど、おかしいですね。私一年前ぐらいに内定もらったけどやめた理由がこの待遇だと一人暮らし無理だわーだった気がするんですけどね。

 あーあ。

 

 

 

 一つだけ記事にまとめたいけれど中々まとまらないものがあるんで、それをブログに載せたらとりあえず一区切りはつけたいですね。